1. HOME
  2. ブログ
  3. 入浴
  4. 入浴回数制限なし・何回でもお風呂に入れるえびす堂の住宅型有料老人ホーム

BLOG

ブログ

入浴回数制限なし・何回でもお風呂に入れるえびす堂の住宅型有料老人ホーム

入浴回数制限なし・何回でもお風呂に入れるえびす堂の住宅型有料老人ホーム

1. 入浴回数制限なし・何回でもお風呂に入れるえびす堂の住宅型有料老人ホーム

入浴回数制限なし・何回でもお風呂に入れるえびす堂の住宅型有料老人ホーム

えびす堂は、24時間看護師、介護士が常駐している住宅型有料老人ホームです。当施設での入浴回数制限はありません。希望であれば一日に何回でもお風呂をご利用頂いて大丈夫です。

そもそも基本的な考え方として、住宅型有料老人ホームはあくまでもシェアハウス型の自宅です。そのため、利用者さんは通常の賃貸物件に住んで生活している方と同じなので、当施設で入浴回数に制限を設けることはありません。

他会社の住宅型有料老人ホームは独自の入浴回数があるので、入居を検討している方は事前に確認しておきましょう。

 

1-1. 二つの住宅型有料老人ホーム

えびす堂では、二つの住宅型有料老人ホームサービスを展開しており、対象は以下のとおりです。両施設とも入浴回数に制限はありません。

えびす堂ナーシングホーム

主にガン末期、終末期、看取り介護、ターミナル、慢性期の方が対象です。24時間看護師と介護士が常駐しています。

ナーシングホームの利用者さんの多くはターミナル、末期、寝たきりの方です。寝たきりの方は当然ですが毎日入浴することがありませんので、入浴回数は調節します。ある程度自立して行動できる方の場合、ご本人の希望を尊重し希望の回数入浴して頂くことも可能です。施設には機械浴槽と個別浴槽がございます。

 

えびす堂見守りシェアハウス

要介護者(要介護1~)、身体障がい者手帳をお持ちの方が対象です。24時間介護士が常駐しており、全5部屋~8部屋の少人数制施設です。

見守りシェアハウスは、要介護者、身体障がい者の方にご利用頂いております。利用者さんの中には自立している方も多く、ご自身で入浴される方も多いです。入浴回数に制限はございませんので、何回でも入浴頂いて大丈夫です。施設には個別浴槽がございます。

 

2. 週二回の入浴しかできない介護・老人ホームが多い

週2回の入浴しかできない介護・老人ホームが多い

一般的な特別養護老人ホームや介護施設では、国の規定(※1)によって週に二回以上の入浴または清しきをしなければならないと決められています。普通に考えれば週二回以上の入浴で毎日風呂に入れば問題ないのでは?と思うと思います。

しかしながら、介護施設の多くは国の規定である週二回の入浴だけしかできない施設が多いのが現実です。施設によって理由は違うと思いますが、その多くの理由としては介助をする介護士の手間と時間が多くかかるからです。例えば入浴する利用者さんを見守るために最低介護士1名は必要で、少人数で回している施設にとってその1名の時間が大きくかかることは大きいわけです。

だからと言って施設側が悪いわけではありません。国の基準によって定められている週二回の入浴をしていれば全く問題ありません。施設によっては週三回などもあります。とは言え、特に自立して行動できる利用者さんにとって、自らお風呂に入ることができるのに週二回に制限されることに不満を抱えている方も多いのが現実です。

また当施設ではありませんが、別施設によっては指定回数以上の入浴の場合、保険対象外となるケースもあるので(※2)施設の入居で入浴回数を重視したい場合は事前に確認しておきましょう。

※1、指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準(平成十一年厚生省令第三十九号)
※2、特定施設入所者生活介護事業者が受領する介護保険の給付対象外の介護サービス費用について

 

3. えびす堂の住宅型有料老人ホームでは利用者さんのために入浴回数制限は設けない

えびす堂の住宅型有料老人ホームでは利用者さんのために入浴回数制限は設けない

えびす堂の住宅型有料老人ホームで入浴回数に制限を設けない理由としては、利用者さんを第一に考えているからです。

例えばデイサービスに行って運動したり、就労支援に出かけたりした帰宅後、入浴できないのはあまりにも辛いものがあります。自分に置き換えて考えると入浴できないのはかなりイヤではないでしょうか。日本人である以上、仕事や日中出かけたあとには必ずお風呂に入りたくなるものです。その日に入れなかったとしても翌朝には必ず入浴すると思います。

そういったことも考えて、えびす堂の住宅型有料老人ホームでは入浴回数を自由(最低週二回)にしています。

 

3-1. えびす堂各施設の浴槽

えびす堂の住宅型有料老人ホームでは、各施設に合わせた浴槽を設置しております。

えびす堂ナーシングホーム

ナーシングホームでは、寝たきりや自力での入浴が困難な利用者さんも多いため、機械浴をメインで使います。介護士が利用者さんをお部屋からストレッチャーに乗せて、介護士2~3名がそのまま入浴介助に入ります。一般的にこのような浴槽は、特殊浴槽、機械浴と呼ばれています。

えびす堂見守りシェアハウス

えびす堂見守りシェアハウスでは、自立している方が多く自ら入浴される方もいらっしゃいます。お風呂は一般的な家庭のタイプに手すりを付けた、多くの施設で使われている個浴タイプを設置しております。このような浴槽ことを個別浴槽(個浴)と呼びます。

 

■えびす堂へのお問い合わせはこちら
えびす堂本社:06-6656-3557
ご案内担当 萩原:090-9838-9297
≫メールでのお問い合わせ

 

あわせて読みたい記事

 

えびす堂ナーシングホーム
えびす堂見守りシェアハウス

 

The following two tabs change content below.

関連記事

アーカイブ