1. HOME
  2. ブログ
  3. ナーシングホーム
  4. 癌(がん)末期の方でも施設入所は可能です

BLOG

ブログ

癌(がん)末期の方でも施設入所は可能です

えびす堂ナーシングホーム

1. 癌(がん)末期の方でも施設入所は可能です

癌(がん)末期の方でも施設入所は可能です

当施設、えびす堂ナーシングホームでは、癌(がん)末期の方でも施設入所可能です。

がんで余命を宣告されたのにもかかわらず、一定期間終了後に病院を退院しなければいけないこともよくあります。また、自宅での看取り介護は不安な方も多いのではないでしょうか。

そういった場合、次の施設としてえびす堂ナーシングホームにご相談ください。

 

1-1. 受け入れ可能ながんの種類

当施設では、がんの種類にかかわらず受け入れ可能です。例えば、直近で受け入れをしたがんの種類は以下のとおりです。

右下咽頭がん・肺がん・乳がん・膵臓がん・上行結腸がん・S状結腸がん・直腸がん・膀胱がん・左腎がん・卵巣がん・前立腺がん・膵体部がん・喉頭がん・など

これら以外のがんでも、末期の方の受け入れ可能です。

 

1-2. 医療処置

当施設には看護師が24時間常駐しており、医療処置の対応、麻薬を使用しての緩和ケア等が可能です。また、利用者さんには担当のケアマネージャー、主治医がおりますので、事前に作成したケアプランや指示に基づき当施設の看護師が医療処置をおこないます。

当施設で主に対応可能な医療処置は以下の通りです。

  • 人工呼吸器管理(NIPPVを含む)
  • 気管切開カニューレ
  • 吸引
  • 酸素管理
  • 経管栄養管理(経鼻・胃ろう対応可能)
  • 人工肛門・人工膀胱管理
  • 膀胱留置カテーテル管理
  • 腎ろう管理
  • 注射・点滴管理
  • 中心静脈栄養管理(CVカテーテル・ポート・PICC対応可能)
  • 血糖コントロール・インシュリン管理
  • 褥瘡処置
  • 創傷処置
  • 透析シャント管理・腹膜透析

麻薬の管理もおこなっているので、痛みのある方には緩和ケアをすることができます。

緩和ケアとは、病気の完治や延命をするための処置ではなく、病気による苦痛を少なくして穏やかな最期に向かうように努める処置のことです。一般的にホスピスとも呼ばれています。

ご家族とご本人が延命の為のがん治療ではなく、なるべくナチュラルな状態で最期を迎える希望の場合、緩和ケアをメインでおこないます。

≫参考:日本WHO協会

 

1-3. 癌(がん)末期で寝たきりでも大丈夫?

当施設では、癌(がん)末期で寝たきりの方でもご利用可能です。

実際に当施設に入居している利用者さんの中には、寝たきりの方も多くいらっしゃいます。当然ですが、寝たきりの方であってもしっかりと介護をします。ある程度意識があり意思疎通を図れる方の場合、お部屋でお食事の介助をしたりその他のケアなどをします。

 

1-4. 大阪府の施設一覧

えびす堂ナーシングホームの施設一覧は以下のページをご覧ください。

 

2. 癌(がん)末期・看取り介護は施設入所が安心

癌(がん)末期・看取り介護は施設入所が安心

やはり癌(がん)末期の方や看取り介護、終末期の介護はご家族にとってもかなり大変です。

ご本人の容態が安定して落ち着いているようであれば、自宅でも問題ないかもしれません。しかし、医療処置が必要な場合自宅での介護は難しいので、施設に入居して頂いた方がご家族様にとっても安心だと言えます。

当施設では、24時間看護師と介護士が常駐しており、常に利用者さんのケアをおこないます。そのため、ご家族にとっても安心できるのではないでしょうか。

 

2-1. 癌(がん)末期での麻薬使用

当施設では麻薬管理も行っているので、癌(がん)末期で痛みの多い利用者さんには、医師の指示に基づき麻薬を使うこともできます。

ガン末期になると約7割の方が痛みを発症し、そのうち8割が激痛だと言われています。余命を宣告されているからといって、痛みに苦しんでいる方を放っておくことはしません。

ちなみに医療で使う麻薬とは、犯罪行為である麻薬、ドラッグとは違うものです。基本的には医師の指示に基づき正しい量を使えば、安全に痛みを取り除くことができます。

≫参考:がん研有明病院|がんの痛みの治療

 

2-2. 癌(がん)末期、終末期の方向けの介護施設という選択

インターネットメディアでは、癌末期(がん)末期、終末期の方を対象とした施設がいくつも取り上げられているので、二つほど紹介したいと思います。

メディアによる参考文献

例えば、2019年に行われたオンラインマガジン「DIAMOND online」の調査によると、病院、自宅、PCU(ホスピスと緩和ケア病棟)・施設の中でガン末期よる痛みが最も少ないのは施設とのことです。≫参考:DIAMOND online|がんの終末期、緩和ケア病棟より介護施設の方が苦しまない実態

PRESIDENT Onlineの記事、「末期で病院を追い出された老人の行き場」という記事では、「介護+医療ケア」がセットで必要な高齢者が増加しているとのことです。≫”末期”で病院を追い出された老人の行き場

 

当施設では、24時間看護師と介護士が常駐しているので、利用者さんは常に見守られている安心感があります。

大阪でガン末期、医療処置ができる施設をお探しの場合、一度ご相談ください。

 

えびす堂ナーシングホーム紹介(YouTube)

えびす堂ナーシングホームの紹介YouTubeです。雰囲気などを参考にしてもらえればと思います。

 

 

≫えびす堂ナーシングホームのYouTube
≫えびす堂ナーシングホームのインスタグラム

The following two tabs change content below.

Ayumu Ono

えびす堂本社でWeb、マーケティング、SEOを主に担当しています。

関連記事

アーカイブ

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930